触らぬ神に祟りなし

最近無駄にネットサーフィンをしていて、今日も風呂上がりに飛んで飛んでを繰り返していると気付いたらトラウマを書き込むスレのまとめを見てしまい、超具合が悪くなった。


「トラウマを掘り下げる」とか「トラウマに真正面から向き合う」とかよく言うけど、思い出すのが辛くて痛くて仕方ないものがトラウマなのにじゃあ何だよお前が死ねよってなる。

「もう掘り返せなくなるぐらい地中深くまでトラウマを埋めちゃって、一生目に触れなくすればいんじゃね?」って思って生きてきて、今もまぁそう思っている。


「掘り下げろ」「向き合え」なんて平気で言える人間は、染みる傷がないからそんな根性論が言えるわけです。
誰かに話をして、トラウマに触れながらも楽になる人もいるかもしれない。でもそれは、例えば、話を聞くのが上手なカウンセラーと面談を行ったもことがトラウマ克服に繋がったわけではなく、自身が自身の過去を客観的に捉え整理する能力に長けていたから=その人の持つ強さが、自分のトラウマ克服に繋がった。と思う。

じゃあ強くない人はどうしたらいいんだろう、と泣きながら都内近郊のEMDR(眼球運動による脱感作と再処理法。Eye Movement Desensitization and Reprocessingの略。PTSD-心的外傷後ストレス障害に対して効果が実証されている心理療法。)を行っている病院をを探したりしていたけど、こういうのって結局保険適応外のカウンセリングとして行っているから、お値段で敬遠してしまう。

こうやってメンヘラは一人また二人と死んで行くんだなって思いながら、猫を腹に乗せてミャーミャー泣いてた。「そういえば最近泣いてなかったな」って無理矢理にでも涙出したらちょっと落ち着いてきた。絶対50分12000円取られるよりこっちのほうが効果あるよなって思ったら、根を詰めて探していたのが馬鹿らしくなった。