時を越えるアイドル

アイドルのことを考えていたらふと自分の小学生の頃を思い出した。

小学校中〜高学年の頃はモー娘。が流行していて、クラスの女子の約半数はモー娘。ファンであった。
サイン帳の好きな芸能人の欄にモー娘。のメンバーを書かない人はいないぐらいに、全盛期だった。

f:id:shiawaseni:20180103001055j:plain

この年表でいう2000年がドンピシャである。
(私は安倍なつみ→後藤真希→石川梨華→紺野あさ美、と今で言う推し変を繰り返していた。)


私も例外ではなく、CDを買ってはMDにわざわざダビングしたり、近所の駄菓子屋に行けば生写真くじをひき、原宿のアイドルショップへ友達と親同伴でお出かけして少ないお小遣いでグッズを買うほど人並みにハマっていた。

今でもAKB系列のアイドル達に圧され気味ではあるものの、アップフロントのアイドル達の活躍は目にする機会もあるだろう。
何がきっかけか忘れてしまったのだが、つい最近、℃-ute、Berryz工房の曲を聞き始めた。
しかし皆さんもご存知の通り、℃-uteはまだ記憶にも新しいつい先日の2017年に、Berryz工房は2015年に解散している。(Berryz工房に関しては「無期限で活動を停止」ということになっている。)

最初に聞き始めた時には、「なぜ解散する前に聞かなかったのだろうか…もっと早くに知りたかった…」という後悔は浮かんだけれど、でもそんなことより、こんな素敵なアイドルがいたんだ、こんないい歌あったんだ、と知れたことが嬉しかった。

アイドルは時代とともに移り変わっていく。キャラクターも在り方もライブパフォーマンスもファンとの関係も、時代とともに、人とともに進化していく。

アイドルがファンに伝えたかった気持ちは、何年経っても、時代が変わっても、ちゃんと届くんだ、届いているよ!ってまた私を幸せにする。アイドルってなんてすごいんだろう。


SPEEDが解散した時の最後のテレビ出演だかで、小学校低学年だった私は、母親に見られるのが恥ずかしくてトイレに駆け込み便座の蓋を閉め体育座りで泣いたな。

アイドルが魂を込めて、人をキラキラと輝かせてくれるものは、何年経っても人の心に届くんだから、泣く必要なんてないんだよって昔の自分に伝えたい。