母親に詐欺の電話が掛かってきた話

朝起きたら母親に「ちょっと聞いてほしいんだけど」と言われて何かと思ったら、「変な電話があったんだけどね」と。

〜

朝の8時半に知り合いの電話を受けていたら、キャッチが入り、話を終わらせて出てみると、「三井住友銀行クレジットカードセンターから重要なお知らせです」という音声が流れたという。
母親は三井住友銀行の口座を持っていなければ、クレジットカードも持っていない。
普段なら、音声ガイダンスなんてどうせアンケート調査だろうと切ってしまうらしいが、「重要なお知らせ」というワードが引っかかったのと、クレジットカードを滞納しまくっている私のことが浮かび、忙しい朝の時間帯でありながら最後まで聞いてみることにしたという。

音声ガイダンスは♯と数字を押させ、カスタマーセンターの男性の声に切り替わったという。

男性は、「インターネットで口座が開設された後ショッピングしているけど引き落としができてない(要約)」と。

母親は、口座を開設してないし、なんならそちらのカードを持ってもいないと返答。

「あぁ……。それは何者かに勝手に作られて買い物されちゃってますね。ちょっと調べるので生年月日と名前を教えて下さい(要約)」

母親が生年月日と名前を伝えると、口座は存在しているという。

「恐らく何者かが勝手に作って勝手に買い物をしたので警察に通報した方がいいですよ。この電話から警察に繋ぐんでちょっと待ってて下さい(要約)」

この辺りで、男性の喋り方がカスタマーセンターの割に流暢でないなぁと怪しさを感じ始めた母親、口座番号を教えて欲しいと言うと「下四桁をお知らせしますね、警察の方では下四桁でも対応できるようになっているので」という謎理論で4桁の数字を知らされる。

ますます怪しいと思いながらも、通話を繋げながら片手でスマホから三井住友銀行の電話番号を調べると、今通話している番号が出てきたらしい。

本当に三井住友銀行なことは間違いない……でも怪しい……と疑惑が深まるも、「警察に転送するから電話を切らないように」と伝えられ、とりあえず電話を切らずに待つ。

電話を転送している間は、【振り込め詐欺は警察へ】という女性の音声が繰り返し流れていたという。

音声が止まると、男性の声で「はい新宿警察署です」
事の顛末を伝えたのち、今忙しいから折り返ししたいので電話番号を教えて欲しい、というと、すんなりと教えてくれた。
でもその教えられた番号の末尾が110じゃなかったことから、母親はこれは詐欺だと確信し電話を切ったという。

〜

ここまで聞いて、もう100%詐欺って分かるじゃん放っておけば何が心配なの?って聞くと、「三井住友銀行の番号は間違いなく本物だった。もしかしたら口座自体は本当に作られているのかもしれない。電話して聞いてみていいと思う?」と。

安心するならしてみればというと、そうするわ!と嬉々として電話をしてみると、本物のカスタマーセンターのお姉さんが「こちらから生年月日やお名前を聞くことはありません。最近同じような詐欺に遭われたという問い合わせが多くある。仕組みは分からないけれど電話番号も表示されてしまうので困っている」と教えてくれたようでホッとしていた。(でも音声ガイダンスは同じものだったらしい)

結局最後どういう着地をするのか手口が気になる所だったが、まだ53歳の母親がここまで信じかけるのなら、棺桶に片足突っ込んでるジジババなんか楽勝だろうなぁと恐ろしくなった。

「そもそもあんたが毎月毎月クレジットカードの督促状を溜めまくるからこうなったんだ、この電話が来る前から言おう言おうと思っていたけど当たり前のように督促状をもらうなおかしいことだという自覚を取り戻せ!」と私に火の粉が飛んできたけど、今は「最近変なこと多いから寒川神社で八方除けしてもらってこよ〜」とのほほんとしてる

f:id:shiawaseni:20180122184616p:plain

王子様に運命投げず 自ら戦う意志

大好き。

○縁談 次の話がよし

f:id:shiawaseni:20180104000110p:plain

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ホビー天国で響子ちゃんの缶バッジを見つけウハウハ、コスパで響子ちゃんのビッグタオルを見つけウハウハし、初詣に行って参りました。

f:id:shiawaseni:20180103235859j:plain

神田明神の入り口の鳥居から、賽銭箱の前にたどり着くまで40〜50分は並びました。風がクソ冷たい。顔がクソ寒い。

神田明神に来るのは二度目だけれど、こんな正月真っ只中に来たのは初めて。
強風のお天気も相まってオタクの瘴気も微塵も感じさせない清々しい参拝が出来ました。


やっとお参りができたと列から抜けホッとして出口へ向かう瞬間、ほぼアイスバーと化していた足がビリビリと寒さで痺れ始めたので、甘酒(人生初甘酒!)でHP回復。

f:id:shiawaseni:20180104000418j:plain

キンキンに冷えてやがった身体に甘酒が染み渡って「これはヤバイ!」を連呼する言語障害者になってた。

おみくじは中吉。年末に引いたおみくじは末吉で「結婚・付き合い ー 良くない結果を生むでしょう。」という絶望的な一文が添えられていたので、今回こそはという気持ちで挑みました。

f:id:shiawaseni:20180104000844j:plain

時を越えるアイドル

アイドルのことを考えていたらふと自分の小学生の頃を思い出した。

小学校中〜高学年の頃はモー娘。が流行していて、クラスの女子の約半数はモー娘。ファンであった。
サイン帳の好きな芸能人の欄にモー娘。のメンバーを書かない人はいないぐらいに、全盛期だった。

f:id:shiawaseni:20180103001055j:plain

この年表でいう2000年がドンピシャである。
(私は安倍なつみ→後藤真希→石川梨華→紺野あさ美、と今で言う推し変を繰り返していた。)


私も例外ではなく、CDを買ってはMDにわざわざダビングしたり、近所の駄菓子屋に行けば生写真くじをひき、原宿のアイドルショップへ友達と親同伴でお出かけして少ないお小遣いでグッズを買うほど人並みにハマっていた。

今でもAKB系列のアイドル達に圧され気味ではあるものの、アップフロントのアイドル達の活躍は目にする機会もあるだろう。
何がきっかけか忘れてしまったのだが、つい最近、℃-ute、Berryz工房の曲を聞き始めた。
しかし皆さんもご存知の通り、℃-uteはまだ記憶にも新しいつい先日の2017年に、Berryz工房は2015年に解散している。(Berryz工房に関しては「無期限で活動を停止」ということになっている。)

最初に聞き始めた時には、「なぜ解散する前に聞かなかったのだろうか…もっと早くに知りたかった…」という後悔は浮かんだけれど、でもそんなことより、こんな素敵なアイドルがいたんだ、こんないい歌あったんだ、と知れたことが嬉しかった。

アイドルは時代とともに移り変わっていく。キャラクターも在り方もライブパフォーマンスもファンとの関係も、時代とともに、人とともに進化していく。

アイドルがファンに伝えたかった気持ちは、何年経っても、時代が変わっても、ちゃんと届くんだ、届いているよ!ってまた私を幸せにする。アイドルってなんてすごいんだろう。


SPEEDが解散した時の最後のテレビ出演だかで、小学校低学年だった私は、母親に見られるのが恥ずかしくてトイレに駆け込み便座の蓋を閉め体育座りで泣いたな。

アイドルが魂を込めて、人をキラキラと輝かせてくれるものは、何年経っても人の心に届くんだから、泣く必要なんてないんだよって昔の自分に伝えたい。

全人類アイドル計画

「歌で人の気持ちを明るくできるようになりたい。きっと人生にくじけている人が、いっぱいいると思うから。」


これは皆さんご存知、昨年2017年に芸能界を引退した"ももち"こと、Berryz工房の嗣永桃子の言葉である。


この言葉通り、アイドルの歌を聞いているだけで、空っぽに思えていた元気がみるみる湧いてきたり、不思議と前を向けたりする経験は誰しもあると思う。
それはアイドルという存在が歌を通して自分を応援してくれるから。「大丈夫!元気出して!」と歌で、パフォーマンスで背中を押してくれるから。元気を与えてくれるから。

アイドルは(本人の本音はどうであれ)、常にファンの為に歌って踊って笑顔を振りまいている。自分の青春を、他人に幸せを与えるためだけに存在しているのではないかと悲しくなるぐらいに眩しく輝いている。


私は、人間は、何かしらの役割をもって生まれてくるのだと思っている。
それは、仕事であったり、余暇や趣味を楽しむためであったり、一人ひとり違うもの。

この子達は、若くして自分の生まれてきた役割を知っている。アイドルは、人を幸せにする為に存在している。
自分の貴重な青春を捧げ、他人を幸せにする、我々に夢や希望を与え続けてくれるもはや自己犠牲ともいっていいアイドルという生き物は、人が本来あるべき生き方の見本となるものだ。

ペアーズで知り合った人の話

彼氏ができないまま一人で迎える二度目の誕生日。
最近はソシャゲやツイッターよりもペアーズで必死こいていいねしている時間のほうが多い。

二週間前の、まだ仕事を辞めるなんて微塵も考えていなかった金曜日、仕事を休んでベッドでぼけーっとしながら例のごとくペアーズでいいねを押す仕事をしていた。

ペアーズの仕組みとしては、お互いにいいねが押されると、マッチング成立となり、個別にメッセージのやり取りができるようになる。
まだ初めて日が浅いということもあったが、マッチングをしても特にこちらから送ることはせず、相手から来たら返すという使い方を私はしている。
マッチング状態にはなるものの、メッセージが来るものは3割程。まぁそんなものかぁという感じで惰性でいいねし続けていた。

その日はいいねをしてマッチング後、即メッセージが来た。
自己紹介、どこに住んでるんですか、近いですね、なんてやり取りを四往復したところで「明日遊びませんか?」となった。
別に土曜日もいつも通りなんの予定もなかったし、まぁそんなもんなのかなと「いいですよ\(^o^)/」と返事。

朝の10時に家の近くのコンビニまで車で迎えに来てくれるとのことになった。ネガティブ妄想の強い私は「すごい変な人が来て全身縛られて秩父あたりまで連れて行かれて山に捨てられるのでは……」と少し怖かったが、まぁ顔写真もあったし、自己紹介からは誠実さを感じられたし、ものは試しだなとその日はドキドキしながら眠った。

翌日の9時半には「ローソンの駐車場に居ます!充電切れそうなので×××ナンバーの車なので乗って下さい!」と来た。
待ち合わせ場所のローソンに行くと大きな黒い車が停まっていたので、運転石を恐る恐る見ながら乗り込んだ。

写真に居た男性がタバコを吸いながらまるで昔からの友達に接するように、よ!という感じで手を上げ挨拶した。緊張していた私はど、どうもはじめまして…みたいなことを言った気がする。

充電器が無いからドンキ行きたいんだけど開かないんだよね〜ってことで、11時まで何となく雑談をしていた。
生活圏が被っていたので、地元トーク的なことや、彼氏どのぐらいいないの、あの散歩してる犬ポメラニアン?、みたいな本当に雑談。
何というか、あまりにも相手に緊張感がなさすぎて、段々とリラックスして話せるようになってきた。

そろそろ開くかなってことで車でドンキへ。
「どこか行きたいところある?俺お酒飲みたいんだよね〜でも家に車置かないとな〜」と言われ、特に行きたい所も思い付かないしお酒いいですね〜と賛同。
ドンキで充電器とお酒を買い、車に戻って、どこで飲むかな〜となり、あとはまぁツイッターに書いた通りなので割愛。

その翌週の金曜日にも「明日遊ぼ〜」と来たけれど、「遊ぶってこの前みたいなことですか?」と返したら、既読がついたきりそれ以降今日まで返事はない。

いつになったらペアーズで優勝できるんだろ。
早く煙になりたい。

カスタネット奏者になりたい

4月に幼稚園に入園した甥の音楽会を見に行ってきた。

「ぽーけっとーのーなかにはーびすけっとーがーひーとーつー!」と音程無視で全力で歌う3〜4歳の子どもたちを見て目頭が熱くなった。年少さん、息してるだけで可愛いな。

本当についこの間生まれたような感覚だけど、もう4歳になるのだなぁ〜……リズムを取りカスタネットを叩きながら歌えるまで成長したのだなぁ〜……大きくなった……私はこの4年で何が変わった……?三回も仕事辞めるとは思わなかったな……二度も履歴書の空白期間―無職―を経験するとは想像もしてなかったね。

大人になると日々過ぎるスピードがアホみたいに早くなってるのに、何も成長もしなければ変化もない。生きてても何も面白くないな。だから皆結婚して子どもを産み育てるのかな。年少さん、息してるだけで可愛いもんな。
普通に死にたいな。私もカスタネットやりたい。
f:id:shiawaseni:20170708225636j:plain