はじめての街コン

初めて街コンに行ってきた。

街コン初心者なので「猫×アニメ好き」を謳ったものに参加してみることにした。

女性の参加費は3000円(男性は倍額↑)。ワンドリンクで食事はなし。会場は猫カフェ。
看板も出ていない雑居ビルにあり、随分迷ってしまいギリギリ到着。

入り口にいるお姉さんに身分証明書と申込時のメールを見せると、ソファに通される。
ソファの向かいには男性が床にあぐらで座っていた。
他のソファも同様に、女性が一人ずつ座っていてその向かいに男性が2〜3人という具合い。
私の座っている他に5組あった。明らかに女性が少ない。

猫カフェ行ったことある人なら分かると思うんだけど、紙コップがぽかんと落ちてきて注がれるタイプの自販機が置いてあるのが大半だと思うんだけど、ここはそれらしいものは見当たらなかった。

着席すると自己紹介シートを書かされ、もうこの時点で開始時刻回ってるんだけど「まだ到着されていない方がいるのでもう少し待とうと思います〜」ってお姉さんが言ってる。多分ドタキャンだろうなぁって思いつつも、シートを完成させながら待ってた。

ちょいと遅れて始まると、お姉さんが仕組みを説明してくれた。
10分会話した後、ソファに座ってる女性は動かずに男性が時計回りに回っていくスタイルらしい。
私の座ってるソファは入り口に一番近く、猫が集まりにくい場所に位置していたから、私も動きたかった。


なんかぬるっと始まって会話もスタートするけど、もうつらかった。

なんか自分の卓は沈黙が多い気がするし、シートの【猫派?犬派?】の質問に犬派って書いてある人居るし(猫好きじゃないの?)、男性ペアが卓を回る毎に親密度増してて男同士盛り上がっていて私空気だし、自分の卓だけぎこちない空気漂ってる気がするし、マギ知ってます?って聞かれたから「石原夏織ですよね?」って答えたらアニメ?は見てないんだ〜って変な空気なるし(アニメ好きじゃないの?)、自分の卓は話が盛り上がらない気がするし、30分経った辺りで配られたのがラブホ備え付けの原価10円ですか?っていうようなミネラルウォーターだし……


中高6年間帰宅部で鍛えた脚力で気付けば終了と同時に誰よりも早く荷物を取りドアに向かっていました。

何よりも毎回毎回すべての人とLINEを交換するのが苦痛だった。私のQRコードなんて誰が知りたいんだよ。なんかごめんなさいねあなたの友達の枠を一つ使ってしまってという気分にさせられた。



結論:コミュ力のない人間は街コンに参加してはいけない

触らぬ神に祟りなし

最近無駄にネットサーフィンをしていて、今日も風呂上がりに飛んで飛んでを繰り返していると気付いたらトラウマを書き込むスレのまとめを見てしまい、超具合が悪くなった。


「トラウマを掘り下げる」とか「トラウマに真正面から向き合う」とかよく言うけど、思い出すのが辛くて痛くて仕方ないものがトラウマなのにじゃあ何だよお前が死ねよってなる。

「もう掘り返せなくなるぐらい地中深くまでトラウマを埋めちゃって、一生目に触れなくすればいんじゃね?」って思って生きてきて、今もまぁそう思っている。


「掘り下げろ」「向き合え」なんて平気で言える人間は、染みる傷がないからそんな根性論が言えるわけです。
誰かに話をして、トラウマに触れながらも楽になる人もいるかもしれない。でもそれは、例えば、話を聞くのが上手なカウンセラーと面談を行ったもことがトラウマ克服に繋がったわけではなく、自身が自身の過去を客観的に捉え整理する能力に長けていたから=その人の持つ強さが、自分のトラウマ克服に繋がった。と思う。

じゃあ強くない人はどうしたらいいんだろう、と泣きながら都内近郊のEMDR(眼球運動による脱感作と再処理法。Eye Movement Desensitization and Reprocessingの略。PTSD-心的外傷後ストレス障害に対して効果が実証されている心理療法。)を行っている病院をを探したりしていたけど、こういうのって結局保険適応外のカウンセリングとして行っているから、お値段で敬遠してしまう。

こうやってメンヘラは一人また二人と死んで行くんだなって思いながら、猫を腹に乗せてミャーミャー泣いてた。「そういえば最近泣いてなかったな」って無理矢理にでも涙出したらちょっと落ち着いてきた。絶対50分12000円取られるよりこっちのほうが効果あるよなって思ったら、根を詰めて探していたのが馬鹿らしくなった。

この前見た映画

今まで映画館で1800円払って見るぐらいならDVDになるの待つわ派だったけど、最近月1〜2ヶ月に1回ぐらい映画見てる気がする。

いつかの土曜日にゴロゴロ王様のブランチ見てたら「あっ、これ見に行きたいな」って思ったのが、先週末まだやっていたから


f:id:shiawaseni:20180322222627j:plain

「スリー・ビルボード」

娘を殺され狂った母親が、犯人を捕まえない無能な警察を三枚の大きな広告看板で煽り、そこから色々あるお話(適当)


もちろんストーリーや事実もどんどん展開していくのだけど、そこから色々な立場の登場人物の一人ひとりが、良くも悪くも変わっていく。感情移入が追いつかなくてどんどんと進んでいく物語についていきながら、ただずっと泣いていた。隣のお姉さんもずっと泣いていた。何となく、「あっ、隣の人泣いてる。」という謎の安心感が互いに生まれ、更に泣いた。

私は高校生の頃から犯罪心理学を学びたい!と心理学部に進学した歪んだ人間なので、小説や映画もサスペンスが好きで、これも人死んでるし面白いだろ見てみよみたいな気持ちだったのだけれど……感動映画よりも泣いていた気がする。多分今まで見た映画の中で一番疲れた。終始暗いし重い内容というのもあるけれど、出てくる登場人物達が本当に一人ひとり際立っていて、誰の立場にも共感できて、気持ちが分かるけど、もう一方の立場に立つと……あー苦しい……みたいな。
でもいまだに気付くと映画を見たあとのあのぼーっとした余韻が残っているというか、「人間の最期って……」と考えはじめてしまう、自分の生活まで侵食されてしまったそんなお話だった。

まだ上映中だから見てほしい。


あと最近だと「嘘を愛する女」高橋一生ってなんであんななよなよしてるのにイケメンって言われるんだろ、私も同棲からの結婚を意識したい、長澤まさみ劣化したな、ぐらいの感想。涙腺がお婆ちゃんだから泣いたけど、DVD待っても良かったなぁという感じだった。

眠い、おわり。

特にない

最近、というか一昨年の秋頃から、職場で突然パニック発作を起こして以来、家(特にお風呂や消灯後のベッドの中)でも不穏になることが多くなり、なるべく動悸や過呼吸につながる行動(しゃくり上げるほど泣いたり、カフェインを摂ったり、狭い部屋等不安になりやすい場所に行く等)を避けて生きてきた。でも昨日とても辛い気持ちになり、久しぶりに思い切り泣いた。【不安→泣きたい→でも泣いたら発作怖い→我慢】、というようにしてきたけれど、やっぱり涙には浄化作用があるな泣くとすっきりする。一番最初の【不安】が取り除かれるからすごく楽になった、今まで頑張ってたのアホらしくなった。今日も人が死ぬブログ読んで大泣きした。カタルシス〜って感じだった。


カタルシス
katharsis
精神医学用語。浄化法ともいう。想起するだけで不快感や不安がよみがえる体験や心のしこりを自由に表現させることによって,心的緊張を解く方法。精神分析では暗示や示唆を避けるのに対し,方法に固執せず,内部信号系を外部信号系 (言動) に転換させる過程と結果を重視するものもある。麻酔分析,集団療法,自律訓練など,いろいろな方法が用いられる。


試験まで2ヶ月しかないのにここ数日(主に精神的に)具合が悪くて一度も紙とペンに触れてない。
軽い躁転で街コンに申し込むも案の定翌日行きたくなくなってやめた。私の結婚したいはそんなもんなんだなと思った。最近平均3〜4時間ぐらいしか寝れない。先週行くはずだったこころのびょういん行き損ねて薬が尽きそう。お金がない。早く友達に会いたい。2月だし今週はがんばる。

é ­

自分は結構頑張っていて、ツイッターでメンヘラを大爆発させるのも、現実でしゃんとして生きていく上で案外必要なことだったりするのかもしれないと思うと、自分がおかしくなりかけることは、おかしくないことなのかなぁーとか思って自分をなんとか保ってます最近。

そもそも、おかしいなんて自分が決めることで、他人が決めることではないと思うんですよ。
私はクソがつくほどの真面目人間なので、これまでもこの先も真面目だけが取り柄で、真面目しか取り柄がなくて、「今までの人生で一度も悪い事をしたことがないです!」ということを自慢に生きていくんですけど。
でも実はそれは心の底から誇らしいと思っていなくて、むしろ無理矢理頑張ってみた結果なんかそんなこと言うようになっただけで、割りとどうでもいいんですけど。まぁ真面目だけど。
真面目というレールから外れることができない、だからといって、私の中の「真面目」から外れている人のことをとやかく言うこともない(だってそもそも、私以外の人類全員を不真面目だと思っているから)、なんなら不真面目に生きることのできる人間を羨ましく思っている。私は世界中の誰よりも自分が嫌いで、世界一真面目な人間である自分を認められない。意味が分からない。じゃあ、不真面目になれれば、私は私を肯定できるのだろうか?そんなことはない、私の真面目は私が決めているのだから、きっと今私が不真面目になったところで、それは不良になる訳でも罪でもない、ただ自分の中の「真面目」が拡張されるだけ。私は何者になりたいんだろうか、自分に認められたいのだろうか、だから他人にばかり優しくして、自分をひたすら卑下してしまうのか?他人を認めることは自分を認めるよりも簡単で、何の労力も使わないから楽です。

最近こんなふうに取り留めのない着地点のない頭の中の二人の自分の掛け合いを延々として、頭が疲れる身体もだるーい寝てるのに休まらないそんな感じ。

おかしいとか真面目とか、全部自分が決めることなんだと思います。

母親に詐欺の電話が掛かってきた話

朝起きたら母親に「ちょっと聞いてほしいんだけど」と言われて何かと思ったら、「変な電話があったんだけどね」と。

〜

朝の8時半に知り合いの電話を受けていたら、キャッチが入り、話を終わらせて出てみると、「三井住友銀行クレジットカードセンターから重要なお知らせです」という音声が流れたという。
母親は三井住友銀行の口座を持っていなければ、クレジットカードも持っていない。
普段なら、音声ガイダンスなんてどうせアンケート調査だろうと切ってしまうらしいが、「重要なお知らせ」というワードが引っかかったのと、クレジットカードを滞納しまくっている私のことが浮かび、忙しい朝の時間帯でありながら最後まで聞いてみることにしたという。

音声ガイダンスは♯と数字を押させ、カスタマーセンターの男性の声に切り替わったという。

男性は、「インターネットで口座が開設された後ショッピングしているけど引き落としができてない(要約)」と。

母親は、口座を開設してないし、なんならそちらのカードを持ってもいないと返答。

「あぁ……。それは何者かに勝手に作られて買い物されちゃってますね。ちょっと調べるので生年月日と名前を教えて下さい(要約)」

母親が生年月日と名前を伝えると、口座は存在しているという。

「恐らく何者かが勝手に作って勝手に買い物をしたので警察に通報した方がいいですよ。この電話から警察に繋ぐんでちょっと待ってて下さい(要約)」

この辺りで、男性の喋り方がカスタマーセンターの割に流暢でないなぁと怪しさを感じ始めた母親、口座番号を教えて欲しいと言うと「下四桁をお知らせしますね、警察の方では下四桁でも対応できるようになっているので」という謎理論で4桁の数字を知らされる。

ますます怪しいと思いながらも、通話を繋げながら片手でスマホから三井住友銀行の電話番号を調べると、今通話している番号が出てきたらしい。

本当に三井住友銀行なことは間違いない……でも怪しい……と疑惑が深まるも、「警察に転送するから電話を切らないように」と伝えられ、とりあえず電話を切らずに待つ。

電話を転送している間は、【振り込め詐欺は警察へ】という女性の音声が繰り返し流れていたという。

音声が止まると、男性の声で「はい新宿警察署です」
事の顛末を伝えたのち、今忙しいから折り返ししたいので電話番号を教えて欲しい、というと、すんなりと教えてくれた。
でもその教えられた番号の末尾が110じゃなかったことから、母親はこれは詐欺だと確信し電話を切ったという。

〜

ここまで聞いて、もう100%詐欺って分かるじゃん放っておけば何が心配なの?って聞くと、「三井住友銀行の番号は間違いなく本物だった。もしかしたら口座自体は本当に作られているのかもしれない。電話して聞いてみていいと思う?」と。

安心するならしてみればというと、そうするわ!と嬉々として電話をしてみると、本物のカスタマーセンターのお姉さんが「こちらから生年月日やお名前を聞くことはありません。最近同じような詐欺に遭われたという問い合わせが多くある。仕組みは分からないけれど電話番号も表示されてしまうので困っている」と教えてくれたようでホッとしていた。(でも音声ガイダンスは同じものだったらしい)

結局最後どういう着地をするのか手口が気になる所だったが、まだ53歳の母親がここまで信じかけるのなら、棺桶に片足突っ込んでるジジババなんか楽勝だろうなぁと恐ろしくなった。

「そもそもあんたが毎月毎月クレジットカードの督促状を溜めまくるからこうなったんだ、この電話が来る前から言おう言おうと思っていたけど当たり前のように督促状をもらうなおかしいことだという自覚を取り戻せ!」と私に火の粉が飛んできたけど、今は「最近変なこと多いから寒川神社で八方除けしてもらってこよ〜」とのほほんとしてる

f:id:shiawaseni:20180122184616p:plain